• Facebookの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル
  • Twitterの - ブラックサークル

© 2018 Yoshinori Mizutani All Rights Reserved.

HANON

 

Yoshinori MIZUTANI

 

Publisher: amana / IMA PHOTOBOOKS

 

Designer: Satoshi Machiguchi

 

Size : 360×258×8mm

 

Weight : 620g

 

Year : 2016,7

Material : Cover 4 page+Text 68 page /  Soft cover

 

 

1/10

HANON

 

Mizutani's new series, a follow up to his "Tokyo Parrots" series, through which he rapidly received recognition, captures great cormorants, which have exploded in population in the suburbs of Tokyo. Unlike his previous works, this series appears nearly monotone despite being shot in color. He has captured the urban landscape, which has become peculiar due to the presence of these birds, in very graphic compositions that transform the landscape into a two dimensional world without perspectival depth.

In Mizutani's images, flocks of great cormorants perched on the overhead power lines, which are a ubiquitous element of the Tokyo sky, become silhouettes that resemble musical notes on a score. In fact, the book of the series was titled HANON in reference to the French piano instruction book.

 

作家の名を一躍世に広めた代表作『TOKYO PARROTS』の続編として、東京近郊に異常繁殖した川鵜を追った新作は、鮮やかな色彩が印象的だったこれまでの水谷作品とは一線を画し、カラーながらモノクロ写真のごとき白と黒のモノトーンの色調で表現されています。鳥の存在によって特異化した都市風景は、水谷の得意とするグラフィカルな構図によって切り取られ、遠近感覚を奪われた二次元世界へと変換されます。
東京の空に架かる電線を占拠する大群の姿はシルエットとなって、まるで譜面に並ぶ音符記号のように浮かび上がります。本書では、その譜面のようなイメージを、フランスのピアノ教則本『HANON』になぞらえました。
都市の中で大群をなす川鵜たちと周囲の環境とのつりあいが取れていない光景は、現代社会へのある種の警鐘でもある。しかし、同時に黒い鳥たちは、まるで音譜よろしく上空で美しい旋律を奏でているようにも思えるのであった。―水谷吉法